らくまちタウン > 京王井の頭線

歴史と成り立ち

渋谷と吉祥寺という繁華街同士を、途中小田急小田原線・京王線と接続しつつ短絡する(関東大手民鉄の中では)小規模な路線で、全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差化されており、環状八号線と交差する高井戸駅は1972年に高架化されている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1km未満であることも珍しくなく、1.5km以上駅間が離れる区間がないほどで、隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。

急行運転も実施されており、上下とも永福町駅で普通と接続する。終点が両側とも頭端式ホームであり、終着駅到着時は(それぞれの中央改札に近い)進行方向の先頭車両は常に混雑する。特に渋谷寄りは明大前駅で京王線との乗り換え口及び階段が、下北沢駅にては小田急との連絡口及び、主たる出口があり特に集中混雑する。トンネルは渋谷駅の隣の神泉駅の前後に一つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。戦中から戦後の始め頃までは小田急小田原線と代田連絡線で繋がっていたものの、同連絡線廃止後は接続する路線こそ多いがレールがつながっている路線はなく、孤立した路線となっている。

朝のラッシュ時でなおかつ、駅にホーム整理係がいない場合に、混雑のためドアが閉まりきらない場合は、運転手及び車掌が乗務員室から出てきて、対応する。

引用:「京王井の頭線」(2008年7月15日 (火) 18:30 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

この沿線で暮らす−地域情報−

セルティスドライビングスクール
世田谷区下北沢の自動車教習所。
Le Ressort(ル・ルソール)
[駒場東大前 グルメ] Le Ressort(ル・ルソール)
メゾンカイザー立ち上げに携わったオーナーが2006年にOPENしたパン屋。
一龍
[下北沢 グルメ] 一龍
下北沢の老舗、有名な中華そば専門店。
列車の運行種別
急行