らくまちタウン > 東急世田谷線

歴史と成り立ち

世田谷線(せたがやせん)は、東京都世田谷区の三軒茶屋駅と下高井戸駅を結ぶ東京急行電鉄の軌道線である。

東京都内では、路面電車形式の軌道線は当路線と都電荒川線が残っている。当路線の併用軌道は環状七号線との交差部の「若林踏切」のみで、ほぼ全線が専用軌道である。車両は路面電車タイプの電車を使用している。

環状七号線と平面交差する西太子堂駅〜若林駅間の若林踏切では、信号(鉄道信号)が道路と同期している。電車が来たら環状七号線の交通を止めるのではなく、信号(交通信号)が変わるまで列車の方を待たせる仕様になっている。もともとは遮断機があり、電車優先の普通の踏切だった。交差点の名称が「若林踏切」なのはその名残である。

引用:「東急世田谷線」(2008年7月24日 (木) 21:25 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

この沿線で暮らす−地域情報−

ギャラリー 世田谷233
[若林 レジャー] ギャラリー 世田谷233
世田谷線の車窓からも見えるPOPな、ボックスギャラリーのお店。
古都首里
[三軒茶屋 グルメ] 古都首里
産地直送のこだわり食材で造る本場の琉球料理。
楽待 不動産投資 アプリ